借家問題

 継続的な建物の賃貸借契約のことを、借家契約と呼びます。

 賃貸人が賃借人に建物を継続的に使用させ、その対価として賃借人が賃貸人に賃料を支払うことを内容とする契約です。

 契約の対象となる建物は、一戸建家屋、アパート、マンション、オフィスビルなど、多岐にわたります。

 私たちに大変なじみのある契約であり、日常生活や経済活動を営む上で大きな役割を果たしています。

 賃貸人と賃借人との間で何も問題が生じなければ、それでよいのですが、ときに、賃料の滞納が生じたり、契約更新に関して対立したり、立ち退きを求められたり、敷金返還に関して対立したりといった、様々な形の問題が起こります。

 これらの問題は、賃貸人と賃借人の利害がぶつかり合う問題であり、公平な解決が求められます。

 借家契約には、賃貸借契約一般に関する民法の規定のほかに、借地借家法が適用され、それらに則って、問題の解決を図ることになります。


  より詳しい解説

【解説】借家契約Q&A

Pocket